輸送統括の独り言 若手会 特別講演 宮田社長様(こどもミュージアム・プロジェクト)

輸送統括の独り言 若手会 特別講演 宮田社長様(こどもミュージアム・プロジェクト)2019.03.10

おはようございます。

第二週、土曜日の昼からは「若手会」

という活動をしています。

その「若手会」で先回に記載いたしました、

宮田運輸株式会社

宮田社長様の

「こどもミュージアム・プロジェクト」

講演をして頂きました‼

非常にお忙しいのに、急遽、時間を取って頂きまして本当に有難うございました。

ウェルカム・ボードは「大坪画伯」が心を込めて書いてくれました!

弊社、坂中社長の挨拶を致しまして、

宮田社長様の講演開始です!

ほとんど参加者の全員が子供のいる親なのです。

宮田社長の生い立ちから話して頂きまして、

「こどもミュージアムプロジェクト」が

なぜ始まったのか。

重大事故とは、加害者も被害者も関わる全ての人が、

一瞬にして不幸になる。

その加害者、被害者にも子供がいてます。

 

宮田社長は幼少期から”トラックが大好き”なのに、

そのトラックが、人の命を奪ってしまうなら、

「この世の中からトラックが無くなれば良い」

とまで悩み苦しみました。

 

しかしトラックが大好きなのは真実です。

悩むなかトラックを活用して、

事故を無くす事を考えるアドバイスを頂き、

自社の乗務員を見て、宮田社長は気付きました!!

 

子供のかいた絵は、全ての人を

「優しくさせる」

他人も世代も地域も国境も超える!!

この辺にしておきます。詳しくは宮田社長の講演でお聞きください。

確かに「ほっこり」します。

北京、アメリカと世界に広がっています。

トラックだけでなく、ライトバン、自動販売機、地域の小学校との

取組みなど。事故、犯罪を無くすのに無限大に広がります!

管理、監視には限界があります。

自主的に皆が同じ想いで

「優しくなれば」事故は起こらない。

宮田社長は恥ずかしがりもせずに言いました。

必要なものは「愛」なんです!!

考えさせられました!!

宮田社長は夢は大きく、恥ずかしがらず。

今ある事が全てで無く、今を楽しく変え未来を考える。

僕も強く想います。

後輩や子供達に夢、希望を持ってもらい

次の世界を託していく!

個人的な深い本心では、

全てに感謝する事からしていきます。

親、妻、子供、兄弟、友人、先輩、同僚、後輩、関わる全ての人、

自分が生きている事、生きてる間に出来る事。

「偶然は無く、必然」とすれば、

全てを受け入れられるかもしれません。

明日生きているか、未来は分かりません‼

今、自分が生きてる事、生かされている事への感謝をし、

「今」を大切に行動して行きます!!

 

「若手会」

基本、管理者、乗務員、パートさん自由参加です。

そこでは、勉強会で課題に対しての自分の想いの発表や、

ディスカッション、時には厳しいアドバイスを頂いたり、

社内行事の企画、運営、予算の立案等、議論し、

全員でコンセンサスを取って承認を頂き運営していきます。

 

グループ内に6社ありますが、各社の枠を取り払い、

管理者、実務者、乗務員が参加し、

会社内での委員会活動をしています。

リーダー、サブリーダーを筆頭に、

チームとして企画、書記、財務と持ち回りで、

リーダーとなり実行していきます。

基本的には、自己申告の苦手な事から、

自ら取り組みます。

 

船橋営業所でも石田所長を筆頭に

毎月、安全会議や懇親会、企画等

同じ様な活動を全員参加でしています。

社長、専務、私も参加して活性化していきます!

カテゴリ

最新記事

エスエーグループ

ページトップへ

Copyright © エスエーグループ All Rights Reserved.